yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
古典ミステリーを読んでいます
喜国雅彦/国樹由香「本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド」を読んで以来、この本の中で高く評価されている今読んでもおもしろい古典ミステリーを立て続けに読んでいる。

「死の接吻」アイラ・レヴィン
めちゃくちゃおもしろい。登場人物の心情がよくわかるので冒頭から惹きつけられ、一気に読んでしまう。単純な倒叙ものから思いきや2部では犯人探しになり、3部でサスペンスになる構成も見事。

「僧正殺人事件」ヴァン・ダイン
マザーグースの詩にあわせて次々と起こる殺人事件。本格ミステリーかと思いきやサイコサスペンスの元祖なのでは。これも意外とすらすら読めてびっくり。物語の視点人物「私」がほとんどいるのかいないのかわからない存在で、叙述トリックなのかと疑ってしまった。

「皇帝のかぎ煙草入れ」ジョン・ディクスン・カー
カーというと怪奇趣味、衒学趣味が思い浮かびこれまで敬遠していたのだが、この作品はそんなところもなく一気に読めた。冒頭ヒロインがのっぴきならない状況に追い込まれる描写も見事で作品世界に入り込める。トリックとその解決もシンプルかつ納得のいくもの。

「ギリシャ棺の秘密」エラリー・クイーン
遺書の入った箱を探して棺を掘り返してみたら中に別の死体まで入っていた、という不可解状況。大学卒業したての若き日のエラリー・クイーンが遭遇する事件ということで、エラリー君が推理に失敗してリベンジに燃えたりするところも楽しめる。

「ナイルに死す」アガサ・クリスティー
第二次大戦前のイギリスの上流階級の話だが、ストーカー女にアルコール中毒、盗癖のある女性と今読んでも身近に感じるところがいっぱい。ナイル川を遊覧する船上での話でありトラベルミステリーとしても楽しめる。

と、ここまですべてハズレなし。さすが古典の名作といわれるだけのことはある。
「死の接吻」以外の4冊は電子書籍kindle版で読んだ。できればこの先もkindle版で読んでいきたいところだが、クイーン、クリスティ、カー以外はあまりkindleになってないのが残念。

     
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

Kindleで読める古典謎解きものでは、

ニコラス・ブレイク「野獣死すべし」

なんてところもおすすめです。大藪春彦のそれとは全然違うのでご注意(^^)
2017/02/05(日) 07:37:05 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。