yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
ミュージカル「わたしは真悟」観劇
ミュージカル「わたしは真悟」を観てきた。演劇はたまに観るのだがミュージカルは今回が初めて。会場の新国立劇場に来たのも初めてだ。
いったいなぜ楳図かずお作品でミュージカルをやる気になったのか?という疑問は残るが、ともかく楳図ファンとしては観ておかねばなるまい。

主催はホリプロ、主演は高畑充希、門脇麦。演出はフランスのフィリップ・ドゥクフレ。私は知らなかったが、アルベールビル冬季五輪の開閉会式演出も手掛けた著名なダンサー・振付家・演出家のようだ。

さて結論からいえば、やはり楳図かずお作品は絵の力が大きいなということ。今回の舞台化も原作をうまくまとめてはいるとは思う(原作を読んだのは随分前なのでうろ覚え)が、ストーリーを追うだけではさほどおもしろさを感じない。
それでも、真鈴役・高畑充希、悟役・門脇麦は好演だったし、振り付けも独特で楽しめた。あと、音楽のOpen Reel Ensembleが思わぬ拾い物。オープンリールテープレコーダーを楽器として使うユニークなグループ。

いちばん文句を言いたいのが悟の衣装。赤白のボーダーTシャツに赤いジャンパー(袖は白)。これは楳図かずおのトレードマーク。門脇麦が演じていても、この衣装を見るとどうしても楳図かずお本人に脳内変換してしまい困ったことになった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。