yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「君の名は。」と新海誠監督の過去作品
先日、新海誠監督の新作「君の名は。」を鑑賞。
「シン・ゴジラ」をしのぐ大ヒットという評判のこの作品、噂に違わぬいい出来。男女の意識が入れ替わる「転校生」のような作品かと思いきや、さらにもうひとつ仕掛けがあり楽しめた。
しかし、観ている間はいいのだが、観終わってよく考えてみるといろいろと疑問点も思い浮かぶ。もうちょっとストーリーを整理すればもっとよくなったのに。

そういえば新海誠監督の作品って「ほしのこえ」しか観たことないなと思い過去作を鑑賞することにした。
まず「雲のむこう、約束の場所」。2004年、初の劇場長編作。現実の日本とは異なる南北に分断された日本に生きる少年少女の話。SF的な設定がいまいち生かされていないのが残念。風景は圧倒的に美しい。

「星を追う子ども」。2011年作品。うわぁ、ジブリっぽい。主人公の女の子は「トトロ」のサツキみたいだし、「ラピュタ」の飛行石みたいな石が出てきたり、「ナウシカ」のキツネリスみたいな動物が出てきたり。それでいてストーリーはジブリの初期作品ほど明確ではなくいまいち納得できない。
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。