yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
川越でZenfone Selfieを試用
先日購入したZenfone Selfieをもって早速試し撮りに出かけた。行き先は川越。西武新宿線・本川越駅で下り、蔵造りの町並みや時の鐘など観光スポットを観てまわりながら、メインカメラによる通常の撮影と、フロントカメラによる自撮りとを多数試してみた。

まず自撮りについて。カメラは優秀。かなりの広角レンズなので、自分だけでなく背景に景色も無理なく収めることができる。ただ、自分の顔を中央でなく端のほうに寄せると歪みが生じてしまうので、気をつけないとならない。
そしてこれはカメラのせいではないが、今日のようなドピーカンの日は露出が合わせづらい。掲載した1点はかなりうまく撮れたほうだが、顔が露出不足で暗くなってしまったものが多数。自撮りで屋外で自分の顔だけでなく背景も考慮してうまく撮るには、カメラの性能だけでなくかなりのテクニックがいることを痛感。

メインカメラでの撮影。こちらもかなり鮮明に撮れ、文句はないのだが、今日のように明暗の差が大きいときは暗部がつぶれてしまう。HDRの機能があるので使ってみたが、掲載した写真のようにHDRによって明るさを増した被写体の周辺(この写真では時の鐘)が不自然に白っぽくなってしまった。

test150920_1.jpg  
test150920_2.jpg
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。