yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「イニシエーション・ラブ」再読(ネタばれあり)
5月23日からの映画「イニシエーション・ラブ」公開をひかえ、映画を観に行く前に原作の「イニシエーション・ラブ」を再読してみた。前に買った本がどこかにあるはずなのだが見当たらないのでKindleで購入。
初めて読んだときは、その鮮やかな叙述トリックに驚愕。

結末をわかった上で読むと、至るところに伏線が張り巡らせてあることがよくわかる。

しかし、改めて思ったのだが、これ、どうやって映像化するんだ? ふつうに撮ったのでは肝心の叙述トリックがもろバレになってしまうし。もしかしたら、side-Aの男とside-Bの男は顔も声もソックリだとかするのか?

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。