yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「その町を消せ!」
このところマイブームになっているNHK少年ドラマ鑑賞。
今日は「その町を消せ!」をDVDで鑑賞。初放送は1978年だがこのときは観ていなかったので今回が初見。
原作は光瀬龍の「その花を見るな!」「消えた町」。光瀬龍作品は他にも「暁はただ銀色」「夕ばえ作戦」「明日への追跡」がNHK少年ドラマになっているが、この作品の他は「明日への追跡」が3話分残っているだけで後は現存していない。いやぁ実にもったいない。

ストーリーは、中学生の井上鉄があるきっかけで知り合った同年代の少女・白戸依ともにパラレルワールドに迷いこんでしまう。迷い込んだ世界はあらゆることが制限された独裁社会だった。鉄たちは同じくパラレルワールドに来ていると思われる依の父を探し出し、元の世界に帰ろうとする……。
この作品は役者陣が印象的。パラレルワールドで鉄たちを助け行動を共にする少女に斉藤浩子。鉄たちと同様、パラレルワールドに迷い込んでしまった少年に熊谷哲也。熊谷哲也は「未来からの挑戦」では未来人を演じていたが、この作品では不良がかった少年を演じている。そして白戸依は現在は声優として活躍している玉川砂記子。
けっこう突っ込みどころもありつつ、毎回ハラハラドキドキで続きが観たくなり、一日で全16話(第2話のみ映像がなく音声だけ)を観てしまった。

   
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。