yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を新宿ピカデリーで鑑賞。
映画版クレヨンしんちゃんは、5作くらい観ているが、いずれもテレビやDVDで観たもの。劇場で観るのはこれが初めて。
というわけで映画の内容もさることながら、どんな客層なのか、観客の反応は?などに興味があった。
公開からしばらくたっているが、GW中ということもあり私が観た回は満席。小さな子供もいたが、カップルや男子高校生二人連れなども多く見受けられた。もっと子供ばかりかと思っていたのだが、意外! 上映中も子供の歓声などそんなに起こらなかったし、わりとふつうの映画を観たときに近い感じ。

さて内容だが、映画クレヨンしんちゃんの中でも名作のほまれ高い「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」ほどではないものの、かなりの佳作。大いに笑えるしほろっともさせてくれる。悪の組織によってロボットにされてしまったとーちゃん・野原ひろし。
元の人間から脳内情報を全てコピーされたロボットは本物といえるのか?など、よく考えるとかなり深い内容を扱っている。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。