yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
ちばてつやの初期少女漫画がマイブーム
このところ、ちばてつやの初期少女漫画を電子書籍がマイブーム。
eBookJapanで購入できる作品をまとめ買いしてiPad miniで読んでいる。

ユキの太陽
みそっかす
テレビ天使
島っ子
1・2・3と4・5・ロク
ママのバイオリン
アリンコの歌

どれも50年くらい前に描かれた作品。しかし今読んでもおもしろい。
どれも3~4巻程度で完結しており展開が早いので楽しめる。

とくに印象に残ったのはまず「テレビ天使」。有名の女優の娘として生まれた子が女優の自殺とともに下町の長屋に住むおじいさんのもとで育てられることに。小学校の学芸会で主演を演じたことをきっかけに演劇のおもしろさに目覚めた亜希子だが、おじいさんは亜希子が演劇をするのを頑なに反対する……。と随所に「ガラスの仮面」を彷彿とさせるところがある演劇漫画。もちろん、描かれたのは「ガラスの仮面」よりこちらのほうがかなり先。

あと、現在読書中の「リナ」、「ユカをよぶ海」で、eBookJapnに載っているものは全部読み終えてしまう。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。