yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「かぐや姫の物語」
高畑勲監督の「かぐや姫の物語」を観てきた。
観ると決めてから、ネタバレにならないようできるだけ「かぐや姫の物語」に関する情報を遮断してきたが、なんのことはない、ネタバレも何も驚くほど原作に忠実なつくり。
原作をふくらませたこそあるものの、「かぐや姫」の話をモチーフにした新解釈とか、予想外のストーリー展開などはまったくなし。
逆に言えば、動く絵の魅力だけで2時間見せるという至難の技を実現している。
実際、従来のアニメとはまったく違う、水彩画ふうの絵を全編にわたって動画にしているのは大したもので、その映像の美しさだけで2時間飽きることなく見入ってしまった。

しかし、予告編で観た「十二単を脱ぎ捨てながら疾走するかぐや姫」から受けるイメージとは大きく違った作品だった。「姫の犯した罪と罰。」というコピーからも、もっとオリジナルストーリーの怖い作品かと思ったのだが。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。