yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「古畑任三郎FINAL 今、蘇る死」
「古畑任三郎」シリーズは、再放送しているのに気づくたびに観ているのだが、今回日本映画専門チャンネルで放送していた「今、蘇る死」は観ていなかった。
2006年に放送されたファイナル3作のうちの1本。

古畑任三郎のフォーマットを逆手にとった構成は見事。いつものつもりで観ていたら、犯人が死んでしまい、アレレと思ったら真犯人が明かされる。倒叙ものと見せかけた本格ミステリーだった。
横溝正史の金田一耕助シリーズやエラリー・クイーンの「Yの悲劇」などへのオマージュへもあり、たっぷりと楽しめた。

レギュラーを含め、これまで観た古畑任三郎作品では最高の一作。まだ2nd seasonは観ていないので、DVDを借りてみてみよう。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。