yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
ウィークエンドシャッフル 軍歌特集
TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」の特集コーナー・サタデーナイトLaboでは、ときどき、あっと驚く特集をやってくれる。
昨日26日放送の「史上最強のポップス、軍歌特集 by 辻田真佐憲」はまさにそれ。ひさびさに意表をつかれた。
思想を抜きに軍歌を音楽として楽しむという視点での特集。日頃、軍歌を聞いたりしないので非常に新鮮だった。

前半は海外の軍歌、後半は日本の軍歌という構成。海外の軍歌でいちばん印象に残ったのは、現在も軍歌が作られ続けているという北朝鮮の曲。

そして後半の日本の軍歌では、萌え軍歌だったりシャウト系軍歌だったりとこんな曲もあったのかと驚くことしきり。大量の軍歌が生まれた背景に、1930年代の日本は世界に冠たる音楽大国でレコードの生産枚数は当時世界一だったみたいな薀蓄も初めて知った。
朝日新聞主催で公募された軍歌とか、軍神のことを歌ったキャラソン軍歌とか、今に通じるものがいろいろあるというのも興味深い。探せばまだまだいろいろな発見がありそうだ。

早速YouTubeで検索してさまざまな軍歌を聞いてみたが、やはりいちばんはまるのは北朝鮮の軍歌。
「攻撃戦だ」「将軍様 縮地法を使う」など、特撮ヒーローものの主題歌のようで、聞いていて思わず心躍ってくる。

今回の軍歌特集に出演した辻田真佐憲氏のサイトやブログでは世界の軍歌について大量かつ詳細に解説があり、紹介している曲の大半は実際に楽曲が聴ける。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。