yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
PEAR::Authを使ってみた
今週は自分のサイトの会員認証方式を変更。
これまでBASIC認証でやってきたのだが、さすがに今どきこれはないだろうと思い、ちゃんとログイン、ログアウトできるようにした。
これまでも認証用のデータ自体はMySQLのDBテーブルで扱ってきたので、変更するといってもそんなに難しくはないだろうと思い、どういう方法でやればいいか調べた結果、PHPのPEAR::Authを使うことにした。 PEARを使うのは初めてで、まずはそのインストールから手こずったのだが、なんとかusername、passwordによる認証までは成功。しかしそこからがまた一苦労。

「PEAR入門」とかも買ったのだが、手持ちの参考資料だけではどうにも情報に乏しく、サイトで情報を得ながらなんとかやっていった。

とくに苦労したのが以下の点。
username、password以外の条件設定
同一ドメインで複数のPEAR::Authを使う場合の設定
ページを遷移する際、「フォーム再送信の確認」が出てしまうのを防ぐ方法
ログアウトを別ファイルにする方法

また、これに伴い、特定のディレトクリだけZipファイルへの直リンクを禁止したり(こちらはhttpd.confへの記述により解決)と、次々に難問続出。はじめは単純に認証方式を置き換えればすむかと思っていたのだが、思わぬ大工事になってしまった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。