yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「QED ~flumen~ ホームズの真実」「八王子七色面妖館密室不可能殺人」
今月は講談社ノベルスを2冊購入。高田崇史「QED ~flumen~ ホームズの真実」はQEDシリーズの番外編。このシリーズ、途中までで読むのをやめてしまったのでひさびさ。
後半に「QEDパーフェクトガイドブック」が収録されているので小説部分はわりと短め。

次に倉阪鬼一郎「八王子七色面妖館密室不可能殺人事件」。年の1作出ている倉阪バカミスが今年も登場。今回は八王子にある七色の館が舞台。例によって本文中に仕掛けがあるのだろうと何度も後戻りしつつ読んでいたため、読み終わるのに時間がかかってしまった。が、その甲斐あって今回は本文中に埋め込まれた仕掛けは途中で発見できた。
さすがに第2の仕掛けはみつけられなかったが。というかこんなのわかりっこない。あいかわらず壮大な無駄エネルギーぶり。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。