yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「パシフィック・リム」観ました
昨日に続き映画鑑賞。今日観たのは「パシフィック・リム」。
予告編を観たところでは、怪獣と巨大ロボットが戦うという超燃えるシチュエーションの映画。これだけは見逃せない!と期待していたのだが、まさに期待どおりの内容。さすが日本のアニメ・特撮おたくを自認するギレルモ・デル・トロ監督作品だけある。冒頭の怪獣の出現から、イェーガーと呼ばれるロボットの起動のディテールまで、これでもかとばかりに描かれている。劇中、怪獣のことを世界中の人間が「kaiju」と呼んでいるのもポイントの高いところ。
イェーガーの中に二人の人間が搭乗し、その人間の動きに合わせてイェーガーも動くというシステムもおもしろい。

とはいえ難点もある。
まず、怪獣の造形がイマイチ。怪獣は何体も出てくるのだが、どれも似たような感じ。
ストーリー的にもちょっと「?」なところもあるが、そんなことは監督の怪獣・ロボットへの愛が吹き飛ばしてくれる。

しかしよく考えたら、日本でこそこの手の映画がつくられてしかるべき。なんでできないんでろう、って理由は明らかなのだが、これが日本でなくアメリカの映画というのがちょっとくやしい。

そういえば、怪獣の出てくる特撮ものや映画は山ほどあるし、ロボットもののアニメも大量にあるのに、怪獣とロボットがまともに戦う作品って今までなかったような。しいて言えば「ジャイアントロボ」くらい?

ちなみに今回は3D吹き替え版で観たのだが、声優陣がそうそうたるメンバー。森マコ(菊地凛子)の声を林原めぐみがあてていたのはじめ、古谷徹、三ツ矢雄二など、アニメでお馴染みの声優陣が声をあてていた。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。