yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「21世紀のブルース」
「太陽と砂」に続く第5長編。これもミステリーではなく、執筆時点から見た近未来を描いた作品。「太陽と砂」よりは軽く、近未来の描写も豊富。SFといっていいかもしれない。
冒頭、21世紀最初の元旦を迎え、テレビ局は各局とも月からの宇宙中継を行なっている。月基地は世界各国からの旅行者であふれている。
実際には大外れなわけだが、本作が刊行されたのは1969年。まさにアボロ11号により人類が月面に到達した年。あのまま行けば21世紀には月旅行もできるようになるだろうと予想したもの無理はない。
一方、紅白歌合戦はとっくの昔に終わっていることになっている。まぁふつうに考えたら、1969年時点のテレビ番組が21世紀まで続いているなんて思わないよなぁ。まさか、紅白歌合戦が21世紀まで生き延び、全盛期より衰えたとはいえ未だに40%の視聴率をとっているなんて、今さらながらにすごい。

今のTPP問題を見とおすような描写も書かれている。テレビ局は電波の自由化によりアメリカのテレビ局が日本に進出してくるのに怯えている。
また、ソビエトが間宮海峡に人工の岬を造ってせきとめ、潮の流れを変えてしまったため北海道の気温が上昇し旱魃になるという「国際公害」が発生。これなど、国際公害という言葉こそ使われていないが中国のPM2.5問題にも通じるものがある。

大地震の発生が日にちどころか分単位で事前に予知され、関東大震災並みの地震が発生しても被害はほとんどないという、現状でも夢のような描写もある。これだけは一日も早く実現してもらいたいものだ。

ここまで読んできて、初期の西村京太郎作品に通底するのは「正義」と「冒険」だということがわかったのだが、本作はそのうちの冒険の部分が色濃く出ている。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。