yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「四つの終止符」
西村京太郎の初長編にして初期の代表作。
玩具工場に勤める聾の若者・晋一。心臓病で寝込んでいた彼の母親が怪死する。彼が母親のために買った栄養剤から砒素が検出され、容疑が晋一に。逮捕された晋一は無実を叫びながら獄中で自殺する……。
まさに社会派ミステリー。社会的弱者への無理解を糾そうとする作者の熱い思いが伝わってくる。ただ、晋一の自殺、続いて晋一と親しくしていたホステス幸子も自殺……と、みんな簡単に自殺しすぎ。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。