yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
ドラマ「探偵・神津恭介の殺人推理 密室から消えた美女」
これは予約していなかったが、ハードディスクレコーダーが勝手にとっておいてくれた。ハードディスクレコーダーのx-おまかせ・まる録機能もたまには役にたつな。
近藤正臣主演の「探偵・神津恭介の殺人推理」シリーズ第11作「密室から消えた美女」。初放送は1992年。原作は「神津恭介への挑戦」。
このシリーズはだいたいは観ているのだが、この作品は未見だったのでありがたい。

とくに興味があったのが、原作で書かれていた超エグい人間消失のトリックがどう描かれているか……だったのだが、これはごく単純なトリックに置き換えられていた。さすがに映像化は困難だったか、あるいはあまりにも非現実的だったので変更したのか。
そしてもうひとつ印象的だったのが、清水香織役の設楽りさ子のド下手さ。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。