yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「名探偵も楽じゃない」
うわぁしまった。「名探偵」シリーズ、書かれた順番に読んでいくつもりだったのだが、「名探偵なんか怖くない」のあと、2作めをとばして3作めの「名探偵も楽じゃない」を読んでしまった。まぁ、シリーズとはいっても1作1作独立している作品だから実害はないのだが、気分はあまりよくない。
さて今作では、M・M・Mというミステリーマニアの会が、クイーン、メグレ、ポアロ、明智小五郎の四大探偵を特別ゲストとして招くという趣向。M・M・Mの会員9人と名探偵4人が顔を合わせたところに闖入してきたのが、現代の名探偵と自称する左文字京太郎。そして彼らの目の前に、連続殺人を示唆するカードが届く。
となかなかスリリングな発端。それに続く連続殺人。しかし今作で活躍するのはもっぱら左文字で、4人の名探偵たちは左文字のお手並み拝見とばかり一歩引いている。一人カリカリしているのが警視庁の吉牟田警部補。
真相が明らかになるまで数度にわたるどんでん返しがあり、本格ミステリーとして一級品。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。