yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「日本ダービー殺人事件」
いやぁ、初期の西村京太郎は、いろいろな題材にチャレンジしているなぁ。
本作品の題材は競馬。しかも八百長の問題に切り込んでいる。
12連勝を飾り、ダービーに挑む怪物タマキホープ。そのオーナーとジョッキーのもとにダービー出走を取り消せという脅迫状が舞い込む。十津川警部が捜査に乗り出した途端、ジョッキーが毒殺される事態に……。
私は競馬には詳しくないが、非常にリアリティが感じられた。西村京太郎自身、一時競馬場で働いていたということもあるのだろうが、そうとう綿密な取材も行なったのだろう。
競馬に八百長はあるのか、そしてダービーで本当に八百長があったのかという興味でも読ませるし、ミステリーとしても一級。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。