yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
一人で行く台湾1 朝食
今回からしばらく、「一人で行く台湾」シリーズを書きます。
今まで20回くらいは台湾に行っているが、その大半は一人。
一人で行っても十分楽しめる台湾の魅力を伝えていくつもりです。

-----

台湾の魅力はいろいろあるが、まず食事がうまいこと。
しかも、一人で行ってもまったく食事に困らない。
もちろん、本格的な中華料理の店に入るのは無理があるが、そうでなく、店先で調理しているオープンな食堂、デパートの地下などにあるフードコート、ボリュームあるステーキからデザート、フルーツまで何でもありの夜市、日本でもおなじみのファストフード店と、一人でも全然OKな店がいたるところにある。

しかも、無名の店であってもうまい。これまで、台湾でまずい!と思った食事には遭っていない。逆に、台湾でいちばん有名な小籠包の店「鼎泰豐」(ティンタイフォン)に入ったこともあるが、そんなびっくりするほどうまいということはない。台湾に行った記念に入ってみるならいいが、おいしいものを食べるならわざわざ鼎泰豐まで行かずとも、その辺にあるふつうの食堂でいくらでも味わえる。

まず朝食。ここは台湾伝統の「豆漿」(トウジァン)を試したい。大豆をしぼって煮た、豆乳のようなもの。甘い「甜豆漿」(ティエントウジァン)としょっぱい「鹹豆漿」(シエントウジァン)がある。
豆漿と一緒に、「燒餅油條」(シャオビンヨウティアオ)もどうぞ。これは「燒餅」(シャオビン 焼いたパン生地)に「油條」(ヨウティアオ 中華風揚げパン)を挟んだもの。何もパンの間にパンを挟むことないじゃないかとも思うのだが、台湾にはこういうのけっこうある。

あとおすすめは「三明治」(サンミンヅー サンドイッチ)。サンドイッチといいつつトーストしてあるところもある。起司蛋三明治(チースータンサンミンヅー チーズと玉子焼きのサンドイッチ)、總匯三明治(ツォンフェイサンミンヅー ミックスサンド)などお好きなものをどうぞ。

R0010325_朝食1s

R0010330_朝食2s

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。