yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「鬼女面殺人事件」
新幹線で隣の席に乗っていた男が突然死。「妹を助けて」という言葉を残し、偶然隣の席に座っていた弁護士の中原に朱い花を渡して死んでしまう。朱い花は南海の孤島・恩根島で20年に一度だけ咲くアカベの花だということがわかる。
中原は秘書の京子と共に、月に一度だけ出ている船便に乗り、恩根島に向かう。中原たちは死んだ男の妹をみつけ、助けようとするのだが、余所者の二人に島民の口は固い……。

って、この弁護士、見ず知らずの男のためにまるまる1カ月も仕事をほっぽり出して大丈夫なのか? 

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。