yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「天使の傷痕」
第11回江戸川乱歩賞受賞作。てっきり読んだ気になっていたが、未読だった。
新聞記者の田島がようやくとった休日に、恋人の昌子と聖蹟桜ケ丘にハイキングに出かけるが、そこで殺人事件に遭遇する。被害者は死に際に「テン」とつぶやいて息をひきとった。
オーソドックスな犯人探しミステリーだが、犯人が判明したあと、さらに意外な動機が浮上する。社会的な問題を提議した社会派ミステリーというわけだが、決して押し付けがましくなく上質なエンタテインメントになっている。評価が高いのも納得。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。