yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
西村京太郎「消えたタンカー」
インド洋上で火災を起こし、沈没した巨大タンカー。辛くも脱出し救出された6名の乗組員。しかし乗組員は一人また一人と殺されていく。あれ? サスペンスとしてはおもしろいけど、タンカーは沈没しただけで、別に消えたわけじゃないじゃん。これでは看板に偽りありだな、と思いながら読んでいたら、最後にどんでん返しがあり納得。
今作の十津川警部補も、長野、沖縄、はては南アフリカ共和国まで行く大活躍。
初刊は1975年。「赤い帆船」に続く十津川シリーズ第2作。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。