yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「STACY ステーシー」
昨日に続き、今日も「ステーシー」をDVDで鑑賞。今日観たのは、2001年につくられた劇場版。劇場公開時、公開館もごく限られ、ビデオ、DVDも発売されはしたもののあまり話題にもならず、レンタル店にもほとんど置かれていなかったため、これまで観ずじまいだった作品。今回、Amazonで中古DVDをかなり高額で購入して鑑賞した。
こちらは、舞台とは違い、原作のホラーテイストをかなり忠実に再現している。特殊メイクを使い、少女たちがいったん死んだあとステーシーとして蘇ったあと、ロメロ再殺部隊に惨殺されたりといったところもきっちりと描写している。

しかしこのステーシー現象、世界規模のはずなのになんともスケールが小さい。描かれている場所も局地的だし、出てくる人間もごく少数。舞台では気にならないところも映画となると途端に気になりだす。
特殊メイクはなかなかよくやっているとは思うが、全体的にはよくできた自主制作映画の雰囲気。

いちばんの見所は、主演・加藤夏希のかわいさ。出演当時15歳? このかわいさはただごとではない。なお、原作の大槻ケンヂもちょこっと出演している。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。