yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「アイアンスカイ」「宇宙人王さんとの遭遇」
昨年、劇場で観ようと思いつつ見逃していた2本「アイアンスカイ」「宇宙人王さんとの遭遇」をDVDで鑑賞。
「アイアンスカイ」は、第二次大戦後月面に逃れていたナチスが地球に攻めて来る話。ってこのアイデアをちゃんと映像化しただけでもすごい。監督はフィンランドのティモ・ブオレンソラ。製作はフィンランド/ドイツ/オーストラリア。
ナチスの兵器はレトロフューチャーな感じでかっこいい。のだが思ったよりあっさりと中側の反撃にあってやられてしまった。もっと活躍が見たかったなぁ。

「宇宙人王さんとの遭遇」は、イタリアで捕らえられた、なぜか中国語を話す宇宙人の話。この宇宙人は地球人との友好を求めてやってきたはというのだが。映画の大半は、捕らえられた宇宙人と取調官の対話を通訳するイタリア人女性の視点で描かれている。ラスト、もうひとひねりあるかはと思ったが、ストレートすぎるオチ。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。