yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「雫」
リーフのビジュアルノベルシリーズ第1弾にして、リーフ飛躍のきっかけとなった作品「雫」を今さらながらやってみた。
「雫」が最初にリリースされたのは、1996年。その後2004年にリニューアル版が出ている。2009年に発売された「痕 -きずあと-」リニューアル版の初回限定版には「雫」のオリジナル版、リニューアル版の両方が収録されているので、これを購入した上で、オリジナル版のほうでプレイしてみた。

主人公は高校生・長瀬祐介。同じクラスの太田香奈子が授業中突然笑い出したかと思うと卑猥な言葉を叫び、自分の顔面をかきむしる。
昏倒し病院に運ばれた香奈子の日記から、香奈子たち複数の生徒が深夜の学校に集まり何かよからぬことをしている疑いがわいてくる。
祐介は、叔父で同じ学校に勤める長瀬源一郎から、事件の調査を依頼される。

テキスト中に表れる分岐によって、深夜の学校を誰と一緒に行くかが変わってくるのだが、いずれにしてもここで毒電波を発し他人を意のままに操る男と対面することになる。

プレイしてて、あれ、似たような話をどこかで読んだおぼえがあると思い、あとから調べたところ、シナリオを書いた高橋龍也が大槻ケンヂの「新興宗教オモイデ教」を下敷きにしているとのこと。また同じ大槻ケンヂの「くるぐる使い」などからの影響も見られるようだ。
さらに、小学館ガガガ文庫から出ている「新興宗教オモイデ教 外伝」も読んだことがあるのだが、この作品の作者・原田宇陀児はもともと「雫」の二次創作同人誌がきっかけでリーフスタッフに見出された人。作品中にも「雫」オマージュが見られるそうだ。
これは、「雫」初プレイなのにデジャブ感があるのも当然だ。

内容は小説でいえば短編程度のボリュームですぐ終わってしまう(ヒロイン別にルートがあるので、あわせればけっこうなボリュームにはなるが)。が狂気の世界が見事に描かれている秀逸な作品。

「雫」オリジナル版をやったあと、リニューアル版のほうもちょっとプレイしてみた。こちらはイラストも新たに描かれ、音声も付いている。のだが、肝心のキャラクターイラストがこれといった特徴のない平凡なものになってしまい、「雫」の魅力半減。
やはりオリジナルの、妙にバランスの崩れた、クセのあるイラストのほうが「雫」に合っている。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。