yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
柔道グランドスラム
今日は人生初の柔道生鑑賞。
代々木第一体育館へ柔道グランドスラムを観に行った。

しかし、実際に観てみると、不満だらけ。とくに大会運営には大いに問題がある。
まず、一番のお目当てだった女子57kg級の松本薫が欠場。まぁこれは負傷なのでしょうがないが、なんらかの説明はあってしかるべき。パンフレットにも大きく載っているというのに。

次に試合の進行について。開始時間の11時になったら何の前触れもなく試合スタート。マット3面で同時並行して試合が行われるのだが、試合開始時、選手コールも何もないので、今やっている試合が何クラスの何回戦で誰と誰がやっているのかさっぱりわからない。電光掲示板を見ても国名はかろうじてわかるが名前は表示が小さすぎてほとんど判読不能。ちなみに選手の道着に付けているゼッケンも、「東建」などのスボンサー名は目立つのだが選手名はほとんどわからない。
どの柔道大会もこんなものなのか? いちおう観客からお金をとって大会を開いているのだから、見せ方もちゃんと考えてほしい。

しかもなぜか日本人選手が勝ったときだけ、日本語でアナウンスされる。その他は勝者アナウンスはすべて英語のみ。

今日は男子女子それぞれ3階級の試合があったのだが、各クラス準々決勝まで行なったあとで開会式を行なうという不思議な進行。しかも準々決勝まで終わってから開会式が始まるまで70分も空きがある。さすがにそんなに待ってられないのでこの時点で帰ってきてしまったのだが。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。