yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
高木彬光「成吉思汗の秘密」
後に「邪馬台国の秘密」「古代天皇の秘密」と続く神津恭介ベッド・ディテクティブものの第一弾。盲腸で入院した神津恭介の退屈をまぎらわせるため、松下研三が提案したのは、ジンギスカンは源義経だったという伝説の検証。
ジンギスカン=源義経説はそれなりに説得力もあるのだが、やはりよく読んでいくとかなり強引なこじつけもあり無理がある。さらに問題なのが、作中で神津恭介が発見したことになっている事柄の大半が実は小谷部全一郎「成吉思汗ハ源義経也」の受け売りなこと。これはいかになんでも反則でしょう。
ただ、小説の構成の面から見ると、助手をつとめた大麻鎮子とのロマンス?あり、学者との論争ありと工夫が凝らされている。後の2作ではこういう工夫が見られない。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。