yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
角川文庫の文庫編集長企画
このところ角川文庫で毎月行なっている「文庫編集長」の企画はグッド! 作家が自分で選んだおすすめ角川文庫をリストアップして販売するという、いわば作家が選んだ長篇アンソロジーといった趣なのだが、この企画により、絶版になっていた作品が復刊し、手軽に読めるようになるのはうれしい。
作家の選んだ作品がまた、絶妙にややマイナーなもの。タイトルは聞いたことがあるが読んだことはないというものだ大半だ。

先月の東野圭吾編集長のときも、この企画で森村誠一の「新幹線殺人事件」、松本清張の「神と野獣の日」をはじめて読んだ。今月の京極夏彦文庫編集長のラインナップでは、すでに高木彬光「大東京四谷怪談」、都筑道夫「血みどろ砂絵」を買ったが、ほかの4冊も気になるところなので、もしかしたら全部買ってしまうかも。
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。