yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
今邑彩「時鐘館の殺人」
たまたま綾辻行人の「時計館の殺人」とほぼ同タイトル(字は違うが読みは同じ「とけいかん」)だったので気になって買ってみた。著者・今邑彩の作品を読むのはたぶんこれが初めて。
綾辻行人の「時計館の殺人」は長編だが、こちらは短編集。表題作「時鐘館の殺人」は巻末に収められていたが、真っ先にこれを読んでみた。
新人ミステリー作家のところに雑誌編集者から犯人あて小説執筆の依頼が。かねてからストックてしてあった一編「時鐘館の殺人」を使うことにする。という作中作構造。時計愛好家の建てた西洋館・時鐘館は今では下宿屋となり、ミステリー作家や評論家、編集者などが住んでいる。そこで一人の作家が消失したあげく、翌朝雪だるまの中から死体となって発見される…。
綾辻行人の「時計館の殺人」とはまったく異なるが、こちらの作品も非常にいい出来。まず作中作の「時鐘館の殺人」の犯行トリックが時計愛好家の館ならではのもので楽しめたが、その上、この作品の構成自体にもあっと驚く仕掛けがしてあった。作中作にしたのは単なる雰囲気作りではなかったのか。

他にも「生ける屍の殺人」「黒白の反転」などどの作品もひねりが効いていて楽しめた。
その中では「あの子はだあれ」がパラレルワールドを扱ったSF風味で他とは違った味わい。

今までノーマークだったが、今邑彩、おもしろい。これはぜひ他の作品も読んでみよう。まずはベストセラーになっている「ルームメイト」からかな。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。