yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
中国語学習
このところマイブームの中国語学習、当面の目標は、
1.台湾の食堂や屋台に行って、料理の注文ぐらいはできるようにする
2.台湾の歌をカラオケで歌えるようにする
の2つ。

まず1.のほうは、台湾のガイドブックから料理名を書き取って発音を覚えている。
2.のほうは、まず郭静のCDの曲、次いで今日は王心凌の「Honey」を書き取って声調付きピンインをつけている。
パセラでも、郭静の歌は2曲、王心凌の歌は20曲ほど入っていたので、ちゃんと覚えればけっこうレパートリーは増やせそう。

中国語を勉強していて最近気づいたこと。
中国語は、発音を覚えるのが大変、と思っていたが、実はそうでもないことに気づいた。日本語でもそうだが、中国語でも、漢字のツクリが同じ字は、発音も同じことが多い。
たとえば、「官」という字、中国語ではguanだが、「棺」も「舘」も「管」も同じくguan。
もちろん当てはまらない場合もあるが、ある程度当てずっぽうで読んでも、正しく発音できる場合も多い。
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
だから、歌を歌うのは楽なんですよね。
喋ると声調も必要になってくるけど。
2008/06/22(日) 18:33:23 | URL | leiji #9BPdTliE[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。