yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
Swivl
以前、ネットの記事で見かけて、ちょっと欲しいかもと思っていたSwivlというカメラスタンドを購入。
これにiPhoneとかデジカメとかを取り付けると、被写体を自動的に追従してくれるという商品。
同種のものでは、ソニーのサイバーショット用の周辺機器としてパーティーショットというのがあるが、あちらは顔認識などの技術を使っているのに対し、Swivlのほうは、被写体のもった無線マーカーを追いかけるというシンプルな構造のもの。

Amazonで1台だけ販売している業者があったので、早速注文。2万9800円。本日到着したので早速試してみた。
付属のアダプターを使えばデジカメも使えるが、やはりiPhoneで真価を発揮する感じ。思ったより大きく(パーティーショットと同じくらい)、持ち歩きにはちょっと不便。反応はなかなかいい。

しかしよく考えたらそんなに急いで必要なものでもなし、Swivlのサイトでもネット販売していたので、こちらで買えばよかった。Swivlが179ドル、新しく出た廉価版Swivl-itなら129ドル。アメリカからの送料を加えてもかなり安く買えたはず。
あまりあわてて買うのよそう。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。