yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
最近読んだ本
このところ毎日せっせと自炊している小泉です。
しかしあれですね、20~30年前に買ったコミックスなど、本文用紙が経年劣化してすったり焼けちゃってますね。これではスキャンしても地の部分が微妙にグレーがかってしまう。

さて、最近読んだ本についてまとめて書いておこう。

汀こるもの「立花美樹の反逆」
THANATOSシリーズも7冊めとなり、すっかり定着。今回は美樹の死神属性をフルに生かした設定。「涼宮ハルヒの憂鬱」方式で時系列が微妙にシャッフルされているのもポイント。

山本弘「名被害者・一条(仮名)の事件簿」
現代のSF作家の中で唯一、その著書を継続して読んでいるのが山本弘。その山本弘がなんと講談社ノベルスに登場。なぜか人並外れて事件の被害者となる体質の女子高生・一条(仮名)が主人公のユーモアミステリー……かと思いきやラストにいたってちゃんとSFになっているという、山本弘ならではの作品。

鮎川哲也「灰色の動機」
光文社文庫オリジナルの鮎川哲也短篇集。「黒いトランク」以前に書かれた掌編あり、鮎川哲也唯一のSFありとバラエティに富んだ内容。

真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」限定版
先が気になって一日で一気に読んでしまったが、読み終わって実にいや~な気分になる作品。しかし結末部分の真相はどうにも納得できない。

     
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
このところ毎日せっせと自炊している小泉です。しかしあれですね、20~30年前に買ったコミックスなど、ャンしても地の部分が微妙にグレーがかってしまう。さて、最近読んだ本についてまとめて書いておこう。汀こるもの「立花美樹の反逆」THANATOSシリーズも7冊めとなり、?...
2012/04/18(水) 15:47:09 | まとめwoネタ速suru
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。