yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
横溝正史「幽霊座」
「悪魔の寵児」「吸血蛾」が予想以上におもしろかったので、引き続き古本屋で横溝正史の本を買ってきた。今回は「幽霊座」。「幽霊座」「鴉」「トランプ台上の首」と中短編3編が収められている。
そういえば、金田一耕助ものの中短編であまり読んだことがなかったな。
読んでみたところ、どれも長編ほど登場人物も多くなく人間関係も複雑でなく、ストーリーもシンブル。むしろ長編より中短編のほうが金田一耕助ものの魅力を感じられる。 「幽霊座」では歌舞伎の世界、「トランプ台上の首」では水上生活者相手の惣菜売りなどこの作品が書かれた当時の風俗もうかがえて楽しめた。
この調子で、金田一耕助もののほかの中短編も読んでみよう。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。