yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
大山誠一郎の短編
「2012本格ミステリ・ベスト10」新世紀「本格短編ミステリ」オールベスト・ランキングでも「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」が8位にランキング。気になるミステリー作家、大山誠一郎の短編を読むべく、アンソロジー3冊を購入。

「密室晩餐会」(「少年と少女の密室」収録)
「論理学園事件帳」(「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」収録)
「新・本格推理03」(「聖ディオニシウスのパズル」収録)

どれもおもしろく読めたが、私的なイチオシは「少年と少女の密室」。密室トリックに叙述トリックの合わせ技がエクセレント。どの作品もアンソロジーにしか収録されていないのが実にもったいない。

   
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。