yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
レコーダーに録画した映像を見られるハードはどれだ
PS3+トルネ+ブルーレイレコーダーBDZ-AT970Tによる操作が便利すぎて、完全にこれが標準になっている。BDZ-AT970T単体で操作するのは、ごくまれに設定を変えるときぐらい。さらにこれにPS VITAによるリモートプレイを加えると、PS VITAでPS3からトルネを起動して地上デジタル放送も観られるようになる。
とここまでできるなら、PS VITAからブルーレイレコーダーに録画した映像も観られるかと思いきや、残念ながらこれは観られない。
これができるなら、寝っ転がって録画映像をみられていいのだが。

ネットワークにつながったブルーレイレコーダーの録画映像を観るには、DLNAクライアント機能をもった機能が必要。しかもDTCP-IPに対応していないとならない。
PS VITAやPSPは残念ながらDLNAクライアント機能をもっていない。
iPhoneやiPadもDTCP-IP対応のDLNAアプリは存在しない。

昨年12月に発売されたソニーのウォークマンZは、DLNA機能をもっていたので、これなら可能かと思ったが、ソニーのサイトで見たところ、ブルーレイレコーダーの映像再生は不可能だった。
というか今のところ、ソニータブレットですらブルーレイレコーダーの映像再生はできない。ソニー、この分野についてはまったく力を入れていないようだ。

他のメーカーに目を向けてみると、パナソニックのボータブルテレビにブルーレイレコーダーの録画映像を再生する機能があるのだが、対応している機器は自社のDIGAのみ。
東芝のレグザタブレットも録画映像の再生ができるのだが、対応している機器は自社のレグザのみと、各社とも囲い込みに入っている。これではせっかくの共通規格DLNAも意味がない。

そんな中、富士通から本日発売のタブレットARROWS Tab Wi-Fiは、仕様を読むかぎり、DTCP-IPに対応したDLNA機能をもっており、とくにメーカーに関係なくブルーレイレコーダーの録画映像を再生できるもよう。
これは買いか!と思ったのだが、下位機種でも6万円ほどするんだよねぇ。
もう少し安くなったら購入も考えるのだが。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。