yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
綾辻行人「奇面館の殺人」
綾辻行人「奇面館の殺人」、買って来てすぐイッキ読みして、1日で読了。
私にしては珍しく、発売前から楽しみにしていて、発売初日に購入。綾辻行人の館シリーズ第9作にあたるが、過去8作も全部読んでいる。

しかし結論からいうとイマイチ。過去作、とくに1作めから6作めまでのボルテージの高さと比べると劣化していると言わざるを得ない。
「奇面館」と呼ばれる館に招待された6人の男。そこでは招待主が常に仮面をつけているだけでなく、招待されたものも頭をすっぼりと覆う仮面をつけていなければならない。ってシチュエーションが特殊すぎて、真相が明らかになっても驚きがあまり感じられない。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。