yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
桐朋女子の文化祭
昨年に続き、10月1日、2日と桐朋女子中学・高等学校の文化祭に足を運んだ。
この学校は、私が知るかぎり、演劇のレベルが東京一。しかも演じているのが演劇部ではなく、高3のクラス参加というのがすごい(別に演劇部も参加しているが)。
そもそも文化祭にクラス参加がない中学・高校も多い中、桐朋女子は中1から高3まで全クラス参加。しかも伝統的に高3全クラスが演劇での参加。

今年観たのは、高3Cの「KUON ~久遠~」と高3Gの「男でしょっ!」。
高3Cの「KUON ~久遠~」は、高校のあるクラスが舞台。かなえとるみは親友同士。るみは学校から帰る途中、突然かなえの前から消えてしまう。
進路に悩み、時が進んでいくことに焦りを感じていたるみは、時の進まない街……久遠へ行ってしまったのだ。
うーん、言いたいことはわかるが、これは脚本が練れてない感じ。45分程度の上演時間なのに長く感じた。
この学校では12年前にも今回と同様の神隠し事件があり、当時行方不明になった親友をさがすため今でも当時の制服を着て学校に来ているみつよという女性が登場する。本来なら、29歳にもなって高校の制服を着ているキモい女、なのだろうが、演じているのが高3のクラス生徒なのでキモ感まったくなし。
登場人物も少なく、5人+αしかいない。せっかくのクラス参加、もうちょっと違った台本を選んだほうがよかったのでは? しかし演技はすばらしい。まったく安心して観ていられた。
ネットで調べたところ、「KUON ~久遠~」の作者は楽静という方。ほかにも多数の作品を発表されている。

高3Gの「男でしょっ!」は、これまで女子高だった学校が共学になり、初めて男子が登校する。まいたちのクラスに入った男子は3人だけ。そろって頼りなく、イケメンを期待していた女子たちはガックリ。女子たちに弁当をつくらされたり、掃除をおしつけられたりと散々。しかしキャンプの係決めをきっかけにこの状況に変化が……。
これは、たっぷり楽しめた。そもそも女子高から共学になったばかりの高校という設定自体、高校のクラス参加にぴったり。男子高生の役も当然、女子高生が演じているわけだが、これがまた頼りない感をよく表していた。ユーモアもたっぷり、セリフも自然。

調べてみたら、この「男でしょっ!」という作品、1997年の全国高等学校演劇大会で一宮高校が演じて最優秀賞をとったものだった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
文化祭にご来場ありがとうございました。今年の高3は二日目に行われた「ウィキッド」が賞をとりました。前評判も高く午前中にも関わらず満席。大変素晴らしい出来でしたので是非観ていただきたかったです。来年も是非!
2011/10/04(火) 18:36:47 | URL | モカ #-[ 編集]
ありがとうございます
そうだったんですか。「ウィキッド」も観たかったです。また来年もおじゃまさせていただきます。
2011/10/04(火) 18:47:33 | URL | 小泉 #7VgScPWU[ 編集]
文化祭で劇をご覧になったのですか?

みたところ演劇部はいらっしゃってないようですが、ぜひどうぞ!

中学はしっかりとした台本劇で、高校は有名な講師がオリジナルで劇を行ったり、大会へ進んだりと非常に良い成績を残しています。
よろしければ着てください!
2011/11/07(月) 15:14:59 | URL | まほ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
文化祭くらいしかチャンスがありませんが、機会があったら演劇部の劇もぜひ観たいと思います。
2011/11/07(月) 18:00:04 | URL | 小泉 #7VgScPWU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。