yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
これは便利! トラックパッドの手書き認識
久々にMacBook Airをさわり、ことえりでは手書き入力はできないのかな?とか調べていたところ、ことえりでは手書き入力機能がなかったが、中国語簡体字/繁体字にトラックパッド手書き認識の機能があることが判明。
この手書き入力、iPhoneの手書き入力と同様に、トラックパッド上に指で漢字を書くとちゃんと認識してくれる。
いやぁ、これは便利だわ。いつも中国語を手書き入力するときは、Windowsのテキストエディタ上でChinese Writer9の手書き入力パッドを使っているのだが、マウスで文字を書いているので、1文字書くにも一苦労。こんな便利な機能があるのなら、これだけのために長文入力作業をWindowsからMacに乗り換えてもいいくらいだ。

今まで気づかなかったが、この機能、Lionの前のバージョンSnowLeopardから載っていたようだ。
中国語入力用ではあるが、もちろん日本語入力時、読みがわからない漢字を入力するときにも使える。

もしやと思い、手もちのノートパソコンVAIO Xのタッチパッドでも手書き入力できるかと思い、調べてみたところ、こちらにもIMEパッドキャプチャーという機能があり、パッド上に文字を書くことで文字認識ができる機能があった。が、この機能、Microsoft IMEとMicrosoft Office IME 2007では使えたが、デフォルトの日本語入力として使っているGoogle日本語入力と中国語入力のChinese Writer9では使えなかった。残念!

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。