yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
鮎川哲也「アリバイ崩し」
光文社文庫5月の新刊。
短編5編とエッセイ2編を収録。タイトルどおり、小説はどれもアリバイトリックを主眼としたもの。ま、この本に限らず、鮎川哲也の場合、大半の作品がアリバイトリックものといえるのだが。
読み終えた後、解説を読んで知ったのだが、どれも1960年代に書かれたもの。それにしてはまったく古さを感じなかった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。