yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「荒木飛呂彦の 奇妙なホラー映画論」
「ジョジョの奇妙な冒険」などでおなじみの漫画家・荒木飛呂彦が書いたホラー映画の入門書。年齢もほぼ私も一緒だし、ホラー映画の魅力にとりつかれるきっかけになったのが「エクソシスト」というのも同じ。というわけでかなり親近感をもって読んだ。
非常にわかりやすく、またとりあげる映画ジャンルもゾンビ映画や悪魔・怨霊ホラーなどオーソドックスなものから、『田舎に行ったら襲われた』系ホラーみたいなユニークな切り口のものまであり、楽しめた。

ホラー映画については、ふつうの人よりはかなりいっぱい観ていると思うのだが、この本で取り上げられている約100本の映画のうち、観たことがあるのは40本ほどだった。
まだまだ私の観たことのないホラー映画が大量にあるなぁ。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。