yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「恐怖省」
珍しく何の予備知識もなく、タイトルだけで観た映画。「恐怖省」という省が出てくるポリティカルSFかと思ったがそうではなく、第二次大戦下のロンドンを舞台にしたサスペンスだった。精神病院から退院した男が偶然立ち寄ったバザーでケーキの重さ当てコンテストで優勝しケーキを受け取ったが……という巻き込まれ型。それなりにおもしろかったが、ストーリーが淡々と進んで劇的な盛り上がりがなかった。
フリッツ・ラング監督、1944年アメリカ映画。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。