yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「裸のジャングル」
このところ、ネット通販の頻度が急上昇。日本のサイトだけでなく、アメリカのAmazon.comなどからも商品を購入している。ただ、アメリカからも商品が購入できるのはいいけど、送料が高いのと到着までに時間がかかるのが難点。
今日も、20日ほど前にAmazon.comに注文していたDVDが到着。そのうちの1枚「THE NAKED PREY」というのが入っていた。こんなの頼んだっけ?
としばらく考えたら思い出した。これも町山智浩「トラウマ映画館」物件、「裸のジャングル」という作品だった。
19世紀のアフリカ。白人ガイドがハンターを連れて象のハンティングをしている。原住民たちの怒りに触れ襲撃される。ガイドは裸にされ、逃げていいと指示される。全速力で逃げ出したあとを、槍をもって追いかける原住民たち。死のサバイバルレースがスタートだ。
というわけでほぼ全編、白人対原住民の人間狩り。いちおう英語字幕もついていたが、この作品にかぎっていえば、英語字幕すらほとんど不要だった。何せ会話らしい会話はほとんどなく、わずかにあるのは原住民同士の会話。これはもともと翻訳されていないし会話内容がわからなくても何を言っているか状況から理解できる。 この作品も日本では一度もDVD化されていないようだが、ぜひどこかの会社に出してもらいたい。

なお、映画を観終わったあと、もう一度「トラウマ映画館」の該当ページを読み返したところ、ラストの部分が本の記述と違っていた。町山氏の記憶違いか?

the_naked_prey.jpg
裸のジャングル

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。