yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「地球爆破作戦」
先日から聞き始めたポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」で町山さんが紹介していた映画。公開は1970年。
SF映画はかなり観ているつもりだったのだが、これは観ていなかった。タイトルだけかすかに知っていたがほとんどノーマーク。
冷戦下のアメリカが軍事防衛用に開発したスーパーコンピューターシステム「コロッサス」。稼働させたとたん、コロッサスは「ソ連にも同じようなシステムがある。これと接続してくれ」と要求しはじめる……。
ボッドキャスト上で町山さんがあらすじをどんどん話してしまうので、おいおいちょっと待ってくれよ結末まで言ってしまうんじゃないだろうなと心配になったが、それでも冒頭の部分だけだった。
この魅力的な発端からストーリーがどう展開するか期待していたのだが、思わず「えっ」と言いたくなる終わり方だった。これはこれで逆に印象に残ったが。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。