yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
Cyber-shot DSC-WX10 第一印象
先日購入したソニー Cyber-shot DSC-WX10をちょっと使ってみたところで第一印象を。
操作性については、これまで使っていたDSC-WX1と同じシリーズということもあり、とくにとまどうこともなく操作できる。

が、試しに近くにあるものをとデスクの上のマウスを撮ろうとしたらピントが合わない。
近くといっても30cmくらいは離れているので近すぎるということはないはずなのだが。同じく30cmくらい離れたところにあるコーヒーカップを撮ろうとしてもピントが合わない。
これはもしかして不良品?と思ったが、よくよく調べてみたところ、WX10、ズームを広角端にしたときの最短撮影距離は5cmだが、ズームを望遠端にしたときの最短撮影距離は1mだった。しかも広角から望遠になるに従って徐々に長くなるのではなく、広角端からちょっと望遠寄りにするといきなり最短撮影距離が長くなる。
36mm相当にすると、最短撮影距離が30cmを越えてしまうようだ。

これは意外な弱点。まぁ、ふだんマクロ撮影はほとんどしないからいいのだが。もしこういう用途を想定して買っていたらそうとう怒っていただろうな。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。