yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
鯨統一郎「新・日本の七不思議」
鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか?」「新・世界の七不思議」に続く歴史ミステリー連作集の第3弾「新・日本の七不思議」を購入。
これはかなり期待してました。なにしろデビュー作「邪馬台国はどこですか?」の印象が鮮烈だったから。しかし今回の作品は……まったく期待はずれ。7篇収録されているが、冒頭の「原日本人の不思議」など、日本人と日本語の起源についてごくまっとうに述べているだけ。ほかの作品も、「邪馬台国はどこですか?」に見られたような、あっと驚く仮説の提示がない。しいて言えば「空海の不思議」の、空海は中国人だったのではという仮説ぐらい。
まぁ、「邪馬台国はどこですか?」の邪馬台国東北八幡平説みたいな、トンデモだけど異様に説得力のある仮説はそうそう思いつけるものではないとは思うのだが、それにしてももうちょっとなんとかならなかったのか。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。