yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
映画「フランケンシュタイン」「フランケンシュタインの花嫁」
よく考えたら、映画版の「フランケンシュタイン」もちゃんと観たことがなかったので、「フランケンシュタイン」「フランケンシュタインの花嫁」をDVDで鑑賞。
1931年製作の「フランケンシュタイン」は、怪物の造形は見事だが、ストーリーとしてはやけにあっさり終わっている。
その4年後、1935年につくられた続編「フランケンシュタインの花嫁」では、怪物は盲目の老人と出会うことにより、言葉を覚え、後にはかなり流暢にしゃべれるようになる。最後の最後になって登場する女性版人造人間だが、こちらも見事な造形。醜悪ではなく、かつ人造人間らしさを出している。映画としてのおもしろさはこちらのほうが上だ。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。