yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
タイの思い出1・国境の町の美少女
1982年の暮れにはじめてタイへ行って以来、何十回もタイに行っている。
最初に行った海外の国なので印象深いというのもあるのだろうが、やはりこれだけ行くというのはタイと相性がいいのだろう。
その中から、とくに印象に残ったことを書いていこう。

 -------

タイ最北端、ミャンマーと国境を接する町メサイ。
ここも一時はまって、80年代後半から90年ころにかけて、かなり何度も行った。
今はもういないが、当時は、国境付近に、民族衣装を着た少女たちが何人もたむろしていた。
観光客相手の有料撮影モデル。
ぼくも、何度も写真を撮影させてもらった。

みな、メサイと国境をはさんだミャンマー側の町タチレイから来て、夕方になると国境を渡って帰っていく。

その中に一人、飛び抜けた美少女がいた。
ダーウちゃん。
民族衣装で写真を撮らせてもらうだけでなく、特別に頼んで、近くの川辺で普段着での写真も撮らせてもらったりした。
これほどかわいいコは、この当時でも今でも、ぼくが会った中ではデビュー当時の広末涼子しかいない。
あ、いや、けっして誇張してない。
当時、「世界美少女図鑑 アジア編 1 タイ北部・黄金の三角地帯」という、三輪隆という方が撮った写真集が発行されたのだが、このときの表紙も民族衣装を着たダーウちゃんだった。
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。