yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「エスター」
先日、香港映画「殺人犯」をDVDで観たあと、ネットでいろいろな人の感想を読んでいたら、「このオチ、『エスター』のパクリでは?」という意見が数件見られた。「エスター」ってそういう話なのか? 気になったので観てみよう。ということで、「エスター」を鑑賞。
ある家族が孤児院から引き取った美少女エスター。一見おとなしくかわいらしい少女だが、彼女を引き取ってから次々と不審な出来事が起こる……。

オカルトものかと思ったが、そうではなく心理描写のこわ~いサイコ・サスペンスだった。
エスター、特別な能力を使うわけでもなく手練手管で家族を支配していき、母親を孤立に追い込んでいく。
ここ数年の間に観たホラー系の映画では一番の出来。
全編に漂う楳図かずおテイスト。とくに楳図かずおの某作品とは重なるところも多く、楳図かずおファンには絶対のおすすめだ。

たしかに「殺人犯」と同じオチだったが、出来はこちらのほうがはるかにいい。「殺人犯」ではその真相が本人の口から語られるのだが、それがあまりにも唐突で、真相が語られてもまだ半信半疑状態。しかし「エスター」では、ちゃんと伏線も張ってあり、この真相も納得。何よりエスターを演じているコの演技が抜群にうまく、最後のほうはとても同一人物とは思えなかったほど。

2作品の公開日を調べたところ、「殺人犯」は2009年7月9日香港公開、「エスター」は2009年7月24日アメリカ公開とほぼ同時。どちらも原作はなく映画オリジナル作品のようなので、偶然の一致なのだろうが、こんなこともあるんですね。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
高額バイト
速報!何かとお金がいるこの時期楽でなお且つ遊べてしかも高収入のバイトが遂に発表された!とことん自由に楽しく自分のペースで稼いで年末を潤して下さい
2010/12/28(火) 19:29:07 | URL | 高額バイト #iQPWt/tA[ 編集]
プチ 家 出
冬休みを利用してのプチ 家 出中の少女が集う 家 出掲示板登場!困っている彼女達を救えるのはアナタしかいません。もちろん救ってあげた貴方の好きなようにして下さい。救ってもらった負い目が有るから性奴隷も思いのまま
2010/12/31(金) 18:51:01 | URL | プチ 家 出 #4jBsd7BM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。