yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
SmartQ 5 続き
その後も、SmartQ 5をいじっているが、標準でセットされているアプリは、メールやWebブラウザはあるものの、メモ帳もないしそれどころか日本語の入力もできないと必要最小限以下。かといってアプリを追加しようにも、この機種、Android端末であるにもかかわらずAndroid Marketに入れないので、アプリ追加も至難の技。
正規にAndroid Marketに登録されている以外の、いわゆる野良アプリを探してくるしかない。

日本語入力については、真っ先に目についたのがSimejiというソフト。いくつかの入力方式を備えているのだが、その中のひとつとして「ボケベル入力」方式ができる。
幸い、作者のサイトで野良アプリとして公開されていたので、ありがたくダウンロード。これで無事日本語入力ができるようになった。
ポケベル方式の威力は絶大で、いきなりかなり快適に日本語入力できるようになった。一部のキー配置(や行と「、」「。」など)が今使っているケータイのキー配置と異なるのでとまどうが、後は楽々。

iPhoneはいろいろな面で優秀な製品だが、最大の弱点は日本語入力のしにくさ。日本語入力アプリについてはアップル標準のもの以外認めていないというのが困った点。ATOKもメモアプリとしての登録となっている。この制限を解放すれば、もっと優秀な日本語入力アプリが登場すると思うのだが。

あと、メモ帳がわりのテキストエディタもベクターのAndroidアプリマーケットAndroAppからgEditorをダウンロードしてインストール。これでようやく日本語のテキストを入力することができるようになった。
しかし、いかんせん登録されているソフトの数が少なすぎる。androidを本格的に使おうとしたら、やはりAndroid Marketに入れるスマートフォンが必要だ。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。